歌う時のポイントをおさえよう

リズムをとれば歌に聞こえる

歌が下手な人の特徴としてリズムがとれていないということ。
歌にはリズムがあってそれにのっていてはじめて心地よく聞こえるのです。
テンポよく歌を歌うことにより歌っている人も聞いている人もリズムにのれます。
リズムにのれないと歌っていて聞いている人から「歌が下手だな」と思われます。

リズムというのは自分以外の人も一緒に同調できる手段です。
自分ではリズムよく歌っているつもりでもそのリズムが崩れることにより歌っている貴方への周りの視線が変わってきます。

テンポよく歌うことにより、自分本位にならないということです。
自分の思いを歌にのせてる時は特に相手へ自分の気持ちが通じるように歌いたいです。
リズムもテンポもない歌はただの朗読でしかありません。

大きな声を出そう

歌がうまい人には必ずある声量。
声の大きさにより音程やリズムをとり、歌に迫力が出ます。

声を大きく出すには腹式呼吸です。
説明するとあおむけになりながら呼吸します。
すると、肩ではなくお腹が膨れてきますよね?
それが腹式呼吸です。
起きている時もお腹が膨らむように呼吸をします。
それが、声量が出る秘訣なのです。

声を大きく出すことにより、歌いたい音程もぶれることがなく歌えるのです。
また、声の音量で強弱をつけることによりその歌の感情を表現することもできます。
勢いよく元気な時は声の音量を大きく、バラードなどしっとりしたい時はボリュームを小さくすると感情が出やすいです。

声の大きさはどんな歌のジャンルにも必要となってきます。
大きな声で歌うことにより自分の思いが相手に届くのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る